ニューラルネットワーク

5 より深い理解のために ぱらぱらめくる『生命と情報通信』

ウンチクと、1−4章でふれられなかった大事な事柄 複雑系ネットワーク スケールフリーとか ランダムグラフとか スモールワールドのこととか Small intelligenceとか

4 生物系におけるシグナル伝達とその計算・通信システムへの潜在的な応用 ぱらぱらめくる『生命と情報通信』

生体内シグナル伝達にはいろいろ 非線形システム 固定点現象 頑健性 誤り訂正

3 人工化学と分子ネットワーク ぱらぱらめくる『生命と情報通信』

精密機械としての生命体とその設計原理に関すること 特徴 分子を基本としてその物理化学的特性を用いる 分子の論理が使われている 生物分子の望ましい特徴(自己集合・自己組織化)が表現できる 基本要素をどうするか デザインの要件・仕様設定 リソース総量…

2 分子通信技術の研究動向〜バイオICT ぱらぱらめくる『生命と情報通信』

分子通信では、電気信号・光信号ではなく、生体分子に情報を担わせて通信する 担わせた分子の受け取り側では生化学反応がおきて、それを復号情報として取り出す 速度や伝達可能な情報には制約がある 生体分子通信によってしか伝達できない(しにくい)情報もあ…

1 生命から情報通信(ICT)を捉えなおす ぱらぱらめくる『生命と情報通信』

至近要因(proximate factor)と究極要因(ultimate factor) 階層に分けて考える 脳による情報処理 脳機能のネットワーク 人工神経回路網(Artificial Neural Network) 教師アリ ローゼンブラット・パーセプトロン、多層パーセプトロン Radial-Basis Function サ…

目次 ぱらぱらめくる『生命と情報通信』

生命と情報通信―情報通信技術に生命機能を吹き込む作者: 澤井秀文出版社/メーカー: オーム社発売日: 2009/11/01メディア: 単行本 クリック: 10回この商品を含むブログを見る 1 生命から情報通信(ICT)を捉えなおす 2 分子通信技術の研究動向〜バイオICT 3 人…