乱数

Haskellで乱数

こんな記事があって、Haskellでの乱数発生はいろいろあることがわかる mwc-randomはかなり速いし、これを使っておけばよいのでは?という結論 そのmwcは昨日の記事でも使われていた 簡単に言うと、乱数を使う処理は何度もせずに一度に済ませることにする そ…

乱数とシミュレーション

Rmd Rで乱数発生とシミュレーション作者: ryamada発売日: 2016/07/22メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る --- title: "RandomValues and Simulation" author: "ryamada" date: "2016年7月23日" output: html_document --- # Generate Rando…

第4章 Rで分布関数・乱数

確率分布(Wiki) 確率的に「値」をとって、「すべての可能な値」について「確率」を足し合わせると1になる 確率分布のリスト(Wiki) 確率分布を作ってみる 確率分布のチェックポイント 確率分布の色々 そもそも、どうして確率分布があるのか・気になるのか? …

GPGPUでシミュレーション

シミュレーションを並列処理するとき、同一のシードからスタートした同一の疑似乱数列を使うことになる。理事乱数列としてjavaで使っていたメルセンヌ・ツイスターを使うべく、C用のソースを入手して、CUDAのホストコードに使ってみることにする。 メルセン…

円板上一様分布

> rand1<-runif(1000) > rand2<-runif(1000) > rand2<-rand2*2*pi > X<-rand1*sin(rand2) > Y<-rand1*cos(rand2) > X<-sqrt(rand1)*sin(rand2) > Y<-sqrt(rand1)*cos(rand2) > plot(X,Y)参考にした乱数発生に関するMathematicaの記事

ランダム性の評価

何がどれくらいランダムかを数値化する必要が出た。 擬似乱数列発生器は、発生する擬似乱数列が乱数列としてどのくらい適切かで評価されるので、乱数列の評価法というのは、擬似乱数列発生器に関するサイトなどで得られる。たとえばこちらの第5章 その方法…

PCクラスタでの擬似乱数列の具合(Rでの例)

PCクラスタでLAMを起動して、R内から、複数のslavesにアクセスして、それぞれで乱数を用いた処理をする場合を考える。 5個のslavesを発生させ、それぞれで、runif関数により、一様乱数を5つずつ発生させてみる > clusterApply(cl,c(5,5,5,5,5),runif) [[1]]…