熱力学

変化しながら動く、不自由に動く

こちらからの話題 ある空間においてk種類の分子が空間に存在している 空間の位置はベクトルでとして表すとする 各分子の濃度は位置の関数としてで表す 分子ととが出会うと、確率にて分子とに変化すると言う 場合によってはとに変化する、さらに]ととに。 こ…

情報高分子のコピー

熱学思想の史的展開〈1〉熱とエントロピー (ちくま学芸文庫)作者: 山本義隆出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2008/12/10メディア: 文庫購入: 2人 クリック: 28回この商品を含むブログ (23件) を見る 「熱とはエネルギーの移動の一形態」「温度とは理想的熱…

公式メモ

こちらから ガウス積分 特殊な場合 スターリングの公式 のとき、もしくは、精度を上げて、 ガンマ関数 (は自然数) d次元球の体積(半径)

1 拡散方程式で表す遺伝的浮動

遺伝的浮動とは:記事はこちら 拡散方程式 物理現象・熱力学現象を既述するのに、偏微分方程式が用いられる 拡散方程式は、時間に関する偏微分と空間に関する2階偏微分(と1階偏微分との和)が比例するという方程式で、拡散現象や熱の振る舞いを記述できる …