生物多様性 の検索結果:

ぱらぱらめくる『The Ubiquitous Ewens Sampling Formula』

…なく中立仮説の下での生物多様性(種数推定)にも使えるし、確率・統計学一般にはノンパラメトリックベイズ推定、組みあわせ確率過程、帰納的に推定するとはどういうことかといった裾野の広いトピックと関連する。また、より数学的に根源的な自然数の素数分解などにも通じている このペイパーではEwens's sampling formulaが遺伝学分野から登場してきた経緯から始めて、それの応用展開について概説している 1. Introduction Ewens's sampling formu…

ネットワークのトポロジー解析

…次数に着目する」 「ハブ」とか「次数分布」の特徴とかが決まる さて。 「複体グラフ」とかにすると、「特別なハブノード」があるというより、「グラフの連結」にあたって、「ハブ的なノードの集合」がある 生物多様性は「ハブノード」に依存するには、リスクが高いので、「ハブ的ノード集合」での連結をしている、という解釈はどうだろうか? そのように「ハブ的ノード集合」で考えるとしたら、どんな計量が適切になるだろうか? Rのパッケージ WGCNA(こちら) 人類遺伝学会ネタでもあった(こちら)

多様性・確率過程・空間の広さ・カオス

…系列変化と確率過程 生物多様性とは、「静的」に多様、ということではなくて、時系列上で多様 多様であるとき、「どういう空間」で多様なのか、というと、非常に広い多次元空間で多様 そのような多様な空間を「網羅はしないけれども網羅するかもしれない可能性」を持つ、ということが生物の特徴(本質)とする そのようなとき、どうやったら、「広大な空間」の色々な場所に行き得る状態を作れるか、その作り方として、確率過程とかを考える 確率過程を許すと少しだけ、変わった状態を作れる それに加えて、小さ…