パラパラめくるシリーズ

ぱらぱらめくる『Algebraic Statistics, Graduate Studies in Mathematics 194』

bookstore.ams.org 目次を眺めるとかなりのことがわかる Chapter 1 Introduction (Discrete Markov Chain) 大事なのは、次の対応を理解すること 確率・統計 代数・幾何 確率分布 点 統計モデル (Semi)Algebraic set 離散指数型分布族 トーリック多様体 Condi…

ぱらぱらめくる『量子確率論への招待』

http://www.math.is.tohoku.ac.jp/~obata/research/file/1996-Nagoya-Forum.pdf 測度論的確率論は 量子論的確率論はC*-確率空間で、Aが可換環なら古典論、Aが非可換環なら量子論 確率分布はモーメント列で(だいたい)決まる 量子確率論ではグラフを考える。グ…

ぱらぱらめくる『Nature Reviews Genetics』2020

1細胞データに付加価値(採取場所情報、細胞間関係情報、細胞集合としての分布取得、など)を付ける話が目立つようです。 12月号 Genotype–Tissue Expression (GTEx) 最新の成果についてのコメント。GTExのポータルで検索可能 "The data set of 838 donors an…

ぱらぱらめくる『Nature Reviews Genetics』2019

毎年やっている、年末の『パラパラめくるNature Reviews Genetics』 今年もやってみましょう 年を経るごとに、細かいことは、ま、いいか、と、雑になっていますが、頑張って参ります 全体の印象としては: 昨年までなどは、「現象」に関する総説が多かったよ…

ぱらぱらめくる『Free Probability and Random Matrices』

Free Probability and Random Matrices【電子書籍】[ James A. Mingo ]ジャンル: 本・雑誌・コミック > 洋書 > COMPUTERS & SCIENCEショップ: 楽天Kobo電子書籍ストア価格: 10,691円 姉妹編[http://users.uoa.gr/~dcheliotis/Seminario/FPSeminar.pdf:title…

パラパラめくる『Nature Reviews Genetics』2018

12月号 マウスのシングルセルアトラス的解析(100000細胞の1細胞トランスクリプトーム),tSNE 実験介入して癌のQuantitative biology解析、かつ、ヘテロな細胞構成としての癌 3Dゲノム構造 11月号 RNA velocity method ("RNA velocity that leverages nascent …